【2019年】中古キャンピングカー購入後、内装をDIYリメイクをした【その4 ギャレーと他】

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク キャンピングカー
らき
らき

こんにちは、らき(@raki.88) &トラ(@nabatora)です。

中古キャンピングカー内装DIY・リメイクの続き【その4】です。
床・壁・ソファの生地貼替とやってきました。

今回は設置してあるギャレーをリメイクしていきます。
ここも最初はする予定じゃなかった場所。
DIYリメイクを進めていくたびに、アレもしたいココもしたいと、どんどん増えていく・・

ギャレーの色を変える

ギャレーの引き出しの枠が最初から白だったので、そこだけ壁と同じ色を塗って終わりにしようと思ってました。

でも実際に枠を塗ってみてみると、枠以外の茶色が気になる・・・という事で、私はシートを剥がしていました。

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
これギャレーに貼り付けてあるシートが、凹凸があるせいなのか、かなり取りづらく途中からトラに剥がしてもらいました。(;´Д`)

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
シートを剥がしてみると、壁に釘穴が無数にあったようにギャレーにも穴がいっぱい・・・

 

らき
らき

また、パテうめ・・・。

埋めたパテを乾かしてる間に、引き出しや扉を塗ります。パテもすぐは乾かないので、色塗りだけで3日かかりました。

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
100均で買った引き出しの取っ手に変え

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク

壁・棚と一体感ができました。外部電源で使えるコンセントの側も100均で購入しました。

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
蛇口も古いし、どうゆう風に使ってたかも判らないので、部品を取り寄せして付け替えました。
最初から付いていた蛇口↓

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
新しい蛇口、ピカピカです! 水を出す時に、ひねる部分が硬いのが難点です。

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
この当時はシンク周辺のコーキングには手を付けず、1年後コーキングを打ち直しました。
最初から気になってはいたんですが、色々やってるうちに疲れてしまって、後回しして1年後。

ギャレーのコーキングは私(らき)がすると言い出したので、後には引けず。
初めに古いコーキングを取るんですが、やり始めた瞬間後悔しました!古いコーキング剥がれない!!!
調べた通りに、コーキングがされている所の中央を、カッターで切り込み線(?)をつけて古いコーキングを剥がすと。
その通りにやったけど、全然っ!剥がれない!! ボロボロと細かく取れていく。( ;∀;)

らき
らき

何コレ、いつ終わるの?

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク
コーキングを厚く盛りすぎてちょっと失敗したけど、二日かかりでコーキングの打ち直し終了。

中古キャンピングカー diy ギャレー リメイク

ステップとバンクベット絨毯の貼替

トラ(夫)は入口のステップの貼替、絨毯が貼られていたのを剥がしました。

中古キャンピングカー diy ステップ リメイク
ホームセンターの特売品コーナーにあったインディコ風の壁紙に貼替ました。

中古キャンピングカー diy ステップ リメイク

くすんだ色のバンクベットの絨毯、シミもあったのでこちらも貼替ました。

中古キャンピングカー diy バンクベット リメイク
カーテンに似た色の絨毯があったので、同色に。
ずれないように最後はタッカーで、うちつけました。

中古キャンピングカー diy バンクベット リメイク

中古キャンピングカー diy バンクベット リメイク
これで主要な場所のDIYは終わりました。
二人で週末はほとんど時間を使って、平日もちょこっとやったりで、約2か月半かかりました。
出来上がったときは、達成感がすごかったです。
古いキャンピングカーでも手を加えれば、キレイになる!
出来上がったときの動画があるので、今度アップしたいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
では、また!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました