ワイルドギア製ポータブルFFヒーター「ルアペフ」設置完了!

設置後 キャンピングカー
トラ
トラ

仕事が早い!設置が完了した!これからの冬の楽しみが増えて、わくわくしてるトラです!

らき
らき

思ってたより早く戻ってきたね~。

先週、トラの友人が働いている車販売・整備をしているお店にポータブルFFヒーターの設置をお願いしました。それが1週間ほどで設置完了になりました。
設置後の試運転もバッチリ!

FFヒーター設置の跡があった

設置場所

上の画像のエリアは購入した車屋さんの話では、前方の車のクーラーからダクトを、後方のこのエリアまでのばして簡易冷蔵庫にしていたと聞いてました。

FFヒーター跡地

ですが、取付業者さんの話では、画像の天板を外したところに、四角い穴が開いていて、外からはアルミのシールで封をしてたようです。
ここに以前FFヒーターが設置されていたんじゃないか?って事でした。四角い穴の縁には鉄か何かで処理されていたようです。錆びに見えるから鉄なのかな?

消音マフラーもつけました。

消音

消音マフラーもつけました。帰宅してから燃焼させて音を聞いてみたけど、消音マフラーついていても結構な音しますね・・・

下封鎖
吸排気を通した下回りの封鎖は、上の板に元々ついていた天板を加工してつけてくれました。これで虫も入りづらくなりました!

設置後

室内では「コツコツ」という音は、本体が椅子の下にあるので、最初に聞いた時より音は聞こえづらかったです。ただ温風が爆風なので、その音でかき消されているという可能性も。
取っ手はあると椅子のマットが、ちゃんとハマらないので取ってあります。

本体はボルトで固定してあり、動きません。

30分ほど試し運転してみたら、10分ほどで、室内温度8℃から11℃に。早い!そして暖かい!
温風なので乾燥はしそうです。実際の車中泊時は、風呂後のバスタオルなど干しているから、乾燥対策にはなりそう。それで足りなければ、加湿器検討かな。

リモコン穴

リモコン

モニターリモコンは本体に設置されていたのですが、配線を少し伸ばし、以前からあった穴から(上の画像)、モニターリモコンを通してもらって壁に設置しました。
温度計、電圧計の機能もあるので意外と便利です。
私たちの寝る方向から、足元側にリモコン設置です。このリモコンは温度計、電圧計の機能も付いていて便利です。
リモコン・本体は就寝時はトラ側なので、らき からは多少距離があるので音が気にならず寝られればいいかなぁーと思ってます。
らき は音や光、睡眠時には過敏になります。そして寒さにも弱い・・・すぐ風邪ひく。
まあ、道民は気密性の良い家に住んでいるので、寒さに弱い説あります。暖房マックスにして半袖+アイス→「北海道あるある」です。

FF封鎖

全体像は、こんな感じ。最初からあった通風口を再利用、いい具合にマッチング。
風向はクルクルと動かせれるので、上下左右どこの向きにもできます。壁反射させて、熱風が回るようにしようかな。
タイマーもセットできるので、一晩中付けっぱなしじゃなくても大丈夫。

次に用意する物

設置後カバー無し

携帯用ガソリン缶(予備灯油を入れる用)

本体のタンクは5リットルのようなので、2~3リットルの予備缶を購入予定。本体タンクだけでも、2~3日は大丈夫じゃないかと車屋さんに言われた。まあ、使用状況や外気温等いろいろな条件はあるとおもいますが。

FFヒーターを使う上での注意点

最初は火力マックスで点火!熱風が暖まってから火力を下げる。

排気口にススが溜まって動かなくなるので、夏も1か月に1~2回は、マックスで30分~1時間は動かすこと。

雪が降っているときは特に注意! 車外の排気口が雪で塞がれていないか、必ずチェックすること。命に関わることなので要注意。

 

近々、どこかに車中泊行こうかと思ってます、まずは庭キャンから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました