【2019年】中古キャンピングカー購入後、内装をDIYリメイクをした【その2 椅子】

中古キャンピングカー 富良野 キャンピングカー
らき
らき

こんばんは、らき (@raki.88)&トラ(@nabatora)です。

内装DIYリメイク【その1】の続きです。

DIYリメイク開始(椅子のカバー交換)

最初の椅子のカバーは布製で、元の色がこの色だったのか、汚れての色なのか・・・茶色です。

交換用の生地は楽天で購入しました。
私が購入したショップの生地は、難燃性のビニールレザー(JABIAV-1421合格)RoHS指令対応品(RoHS規制の有害物質を使用しないPVC)、防汚機能、耐移染機能
無料サンプルがもらえます。
難燃性の証明書は、問い合わせしたらメールで送ってくれました。

 

椅子の裏側を見ると結構な雑な感じ。
板の裏にはマジックテープか何かを貼ってあった跡があったり、タッカーがかなりランダムで打ち込みされていたりしてました。自作した感がありありです。

色は実際手元に来たら違う事があるので、本決め注文する前に無料サンプルを申し込みました。

中古キャンピングカー diy 椅子 リメイク

色は白・茶・青っぽい色のどれかから決めようと思い、5色のサンプルをもらいました。

茶色(PL-53)は棚等が木の感じがあるので、それに合わせた色と思いサンプルを頼んだですが、レザー調があわずイマイチでした。

青みかかったグレー(PL-21)、最終選考まで残りました。

グレー(PL-26)、暗めになるのでやめました。

クリーム色ぽい白(PL-50)、最終選考まで残りました。

白(PL-12)を購入しました。壁の色にも近く室内が明るめになるので、この色にしました。

カットに失敗したらと不安があったので、少し多めに購入5.5M。
金額は送料を入れ 7236円(2019年当時の価格)

中古キャンピングカー diy 椅子カバー リメイク

色は明るめの方が良いような気がします、光反射があり夜も室内が明るく感じます。

中古キャンピングカー diy 椅子カバー リメイク接着剤とタッカーや細いピン釘で打ち付けられてる生地とウレタンスポンジ・・・

トラ
トラ

これ取るの大変だったよ(涙)なかなか取れなくて、手が痛くなった

ウレタンスポンジと底板はそのまま使用し、生地だけ張替。
底板は重量があり重いので、新聞紙で板の型紙をとり、生地を裁断しました。

中古キャンピングカー diy 椅子カバー リメイク
板には謎の金具がついていたり、付いていないのがあったり・・何のためだったのか・・わかりません。
かなりアバウトな裁断ですが、生地でウレタンスポンジと板を包みタッカーで貼り付けました。

中古キャンピングカー diy 椅子カバー リメイク
生地は収縮性があるので、少し引っ張りながらしたんですがシワはできました。
加工のしやすい生地です。

ベット展開してみた。

中古キャンピングカー diy リメイク ベット展開ベット展開してみました。大人2人は余裕で寝れます、3人でギリギリかなぁ。

初期のころは私はバンクに寝ていたけど、狭い・硬い・寒い・揺れるで下で寝ることにしました。
下で寝てるトラ(夫)が動くたびに、バンク部分が揺れるので寝ずらい!憧れだったけど、今では荷物置き場になってます。

中古キャンピングカー ベット ベット展開

ベット展開

今はこんな感じで寝ています。頭が寒いので睡眠ドームの代わりに100均のストレージボックスで代用してます。

100均用品で、椅子の背もたれを固定してみた。

中心の板は背もたれ用だと思うんですが、固定用のベルトもマジックテープも何もなく、ベット状態じゃない時の行き場所を失ってました。

最初はバンクベットで寝ていたので、必要ないと思ってキャンピングカーから降ろしていました。重いし、邪魔だし・・
後々私も下で寝るようになったので、半年後位に背もたれを戻し、固定する事を考えました。

スーツケース用ベルト4本を100均で購入し、タッカーで壁に固定しました。

中古キャンピングカー diy ベルト固定
中古キャンピングカー diy 椅子 固定
なかなか良くできたアイデアだと思ってます。(*´▽`*)

内装のメイン部分は終わったんですが、DIYはまだ続きます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました